ビーンズふくしまは、フリースクール研究会から活動を開始しました。その後、フリースクールの開設、ふくしま子ども支援センターや若者サポートステーションなどの受託など、様々な事業を展開しています。

 原点は、学校に行けないというだけで自信を無くした子どもたちに、安心できる居場所を提供したい、ということ。ありのままの姿を認めてくれる仲間や大人たちとの活動を通じて、本来持っている「生きる力」を取り戻す。エンパワーメントを大切に、生きにくさを抱える青少年が、自ら望む姿で繋がれる社会を目指す活動も早20年弱。数ある事業の中から、コミュニティハウス「みんなの家」をご紹介します。

みんなの家は、子育て・多世代支援の場です。子育て家庭を中心に、若者やシニア世代が、それぞれの選択や思いを大切に、それぞれのペースでつながる居場所です。ふだんの日とイベントの日があります。「みんな悩んでいるんだ!自分だけじゃないんだ!じゃあ、また頑張ろう!」そんな気持ちになれたり「ほっと」できたり、「居心地の良さ」を実感できたりする、親子も、若者も、こどもたちも、地域の大人たちも、みんなが集いあい、笑いあい、認め合う、みんなのためのみんなの家です。昔ながらの、懐かしい空気に出会えること間違いなし、です。2番目のみんなの家もオープンしました。ふらりと立ち寄ってみませんか?